不妊・便秘・美肌など様々なルイボスティーの効果に迫る!

ルイボスティー便秘効果ナビ/妊活にダイエット、美容効果!人気のルイボスティーの効果を調査

 

ルイボスティーは女性に人気のあるお茶で名前くらいは聞いたことがあるという人が多いですよね。その中で飲んだ事があるという方はどれくらいいるでしょう?

 

健康に良いとされるお茶はたくさんあります。その中でもルイボスティーが注目されているのにはわけがあるのです。当サイトでは数あるルイボスティーの効能・効の中でも、多くの女性が持つ悩み便秘について詳しく解説していきましょう。もちろん、ダイエットや不妊改善、不眠、アンチエイジングなどの解説もしていきますので、ご自身の悩みにあった項目をチェックしてみてくさい。

 

ルイボスティー原産地はアフリカ

南アフリカ原産のルイボスティー

ルイボスティーの原産地は南アフリカで限られた場所でしか自生していないマメ科の植物です。30度以上で乾燥している場所といった気候条件があるようで、今でもセダルバーヅ山脈の一部でしか栽培されていません。別の場所で栽培しようとしても、絶対に育たないと言われています。(ルイボスとは、赤い繁みという意味で、落葉の際に葉が真っ赤になることが名前の由来)南アフリカの先住民族が不老長寿のお茶として昔から飲み続けています。

 

 

ルイボスティーで体に優しく便秘解消

 

ルイボスティーで便秘すきり

 

ルイボスティーの茶葉100gに、150mg前後ものマグネシウムが含有されています。マグネシウムは、体内の酵素を活性化させたり、筋肉や神経を動かすために必要不可欠な成分です。
マグネシウムは、水分を蓄える働きもするので、腸内の水分が保たれて、便秘を解消する効果もあります。副作用もなく、便秘薬のような腹痛も起こらないので、安心して飲むことができます。

 

ルイボスティー茶葉の主な成分
鉄分 マグネシウム カルシウム
亜鉛 カリウム
マンガン ナトリウム カフェインなし

 

腸内環境を整えてくれるルイボスティー

ルイボスティーによって、便秘を解消することができれば、腸内環境が良くなって、善玉菌が増えます。そうなると、痩せやすくなる腸内細菌も増えて、ダイエットにも弾みがつくのです。

 

→え?970円からルイボスティーが試せるの?

 

ルイボスティーに含まれるカリウムも便秘解消にいい成分!

カリウムが不足すると、筋肉の収縮や神経の働きに支障をきたすだけでなく、腸の蠕動にも影響を及ぼすと言われています。カリウムが不足することで、腹筋が弱くなり蠕動運動も弱くなるのです。
ルイボスティーには、カリウムが100g中に300mg前後も含有されています!ルイボスティーは、便秘薬ではないので、便秘の時だけ飲んでもしっかりとした効果を得ることはできません。毎日、2〜3杯飲むようにすると良いでしょう。

 

ルイボスティーのアレンジ

 

ルイボスティーは、カロリーゼロなのでダイエット中の飲み物としても人気です。また、癖がないのでホットで飲んだり、生姜パウダーや豆乳を入れてチャイ風にして飲むなのどのアレンジもしやすいお茶です。

 

→ルイボスティーのアレンジレシピ

 

ルイボスティーを選ぶ時は、オーガニック栽培のものを選ぶと、赤ちゃんにも安心して飲ませることができます。特に、畑で栽培されたものではなくて、野生のルイボスティーは、ミネラル成分の含有量が多いと言われています。
それから、体内で合成することのできないカルシウムも多く含まれていますので、骨粗鬆症予防や美肌効果も期待することができます。カルシウムは、精神を安定させる効果もありますので、ダイエットで食欲をコントロールできない時の精神安定としても欠かせないですね。便秘解消といっても、センナ茶のような強烈な効き目はありませんので、学校や仕事があっても普通に水代わりに飲むことができます。

 

↓まずはお試しから↓

ルイボスティー便秘効果ナビ/妊活にダイエット、美容効果!人気のルイボスティーの効果を調査

 

何故便秘になるのか?便秘の仕組みを知っておこう!

便秘の原因の一つに腸内細菌のアンバランスがあります。腸内には、善玉菌と悪玉菌の他に、どちらか勢力の強い方に傾く日和見菌(ひよりみきん)の3種類があります。
腸内環境が悪化していると、日和見菌が悪玉菌寄りになって便秘になりやすくなります。

 

善玉菌 20%
日和見菌 70%
悪玉菌 10%

 

因みに、腸内細菌のバランスは、善玉菌20%・日和見菌70%・悪玉菌10%が良いとされています。

 

代表的な便秘の原因

 

便秘の原因に心当たりありませんか?

 

便秘になる原因は、いくつかあります。その原因を探ることで、適切な便秘改善に取り組むことができます。

 

甘いものを食べ過ぎて便秘になる

甘いものを分解するにいはビタミンB1が必要となります。しかし、腸の蠕動運動にもビタミンB1は欠かせません。
もしかすると、甘い物を食べ過ぎてしまうことで、便秘になっているかもしれません。

 

腹筋が弱くなっている

女性は、男性よりも筋肉量が少ないので、便秘になりやすいとされていますが、運動不足によって腹筋が弱くなっていると便を出す力が足りなくて便秘になりやすくなるのです。

 

運動不足からくる便秘

運動不足が続くと、血行が悪くなり代謝も低下していきます。体に毒素が溜まりやすくなると、排出機能が低下して便秘になってしまいます。

 

不規則な生活からくる便秘

寝不足や、偏った食事などが続くと、便秘の原因なります。食物繊維や発酵食品などが少なく、油っこい食事ばかりしていると、腸内環境が悪化して、便秘になってしまいます。

 

姿勢が悪い

猫背になると、内臓が圧迫されて血流が悪くなったり、自律神経のバランスが悪くなるなどによって便秘になります。猫背になる原因の一つに、背筋の低下があります。

 

タイミングを逃している

学校や仕事があると、朝、時間が無くて便意を我慢して外出してしまうことはありませんか。そのうち、我慢している状態が普通になって、3日くらい便秘になっているのが常態化してしまうのです。
便秘が続くと、肌荒れや体臭の原因にもなりますので、我慢せずに出すようにしましょう。

 

便秘になりやすいタイプ

腸の蠕動運動は、自律神経に大きく左右されます。腹筋も大切なのですが、ストレスなどで交換神経が鋭くなっていると、便秘になりやすくなります。
仕事のイライラやストレスが溜まると、便秘になってしまいますので、適度に気分転換をして、リラックスすることが大切なのです。

 

便秘に影響を与える自律神経ってなんだろう?

自律神経とは、背骨を通って脳と繋がり体全体を巡っている神経です。起きる・内臓を動かす・血液を流すなど、人間が無意識に行う動きをサポートしています。交換神経と副交感神経の2つの神経で出来ているのが自律神経です。

 

交感神経は、内臓をコントロールしたり、血流を速くするなど、興奮状態にもっていく性質があります。副交感神経は、交感神経の興奮状態を抑える役割をします。
しかし、交感神経が優位になると、腸は弛んだ状態になります。逆に、副交感神経が優位になると、腸が縮んだ状態となります。
交換神経と副交感神経が同じバランスでないと、腸がちゃんと機能することができないのです。
そして、自律神経の乱れをそのままにしておくと、便秘や下痢の原因となるのです。

 

腸を冷やしていませんか?単純ですが腸の活動には結構重要です

少し冷えただけでも腸の活動は、低下してしまいます。そうなると、大腸の働きが鈍り便が溜まりやすくなります。

 

それだけでなく、腸に溜まった老廃物は、血液中に取り込まれて、全身を巡ってしまいます。そのため、細胞の働きが低下して、脂肪燃焼力まで低下するのです。運動をしても痩せず、脂肪がどんどん溜め込みやすい体質になります。
生野菜を食べることは重要なことですが、冷たい食べものを食べ過ぎて、腸を冷やしてしまっては意味がないのです。

 

そのため、朝起きたら一番に、白湯を5分〜10分かけてゆっくり飲んで体を温めてみて下さい。腸の動きが活発になって、お通じも良くなります。

 

ヨーグルトが合わない人もいる?

また、腸内環境を改善するために毎日ヨーグルト食べても、便秘が改善できないとう人は、もしかすると体質に合っていないヨーグルトを選んでいるかもしれません。
腸の中の菌は、一人一人異なります。そのため、ヨーグルトを食べる場合は、自分の体質にあったヨーグルトを選ぶことが大切です。

 

食べたものは、48時間経つと外へ出る仕組みになっています。
そのため、食べたヨーグルトの菌が自分の体質に合っているかどうかは、1日100gを2週間〜1ヶ月同じ種類を食べることで確かめるひつようがあります。

 

ヨーグルトが体質に合っているかどうかの判断基準は、便がバナナ状になっているか、疲れにくくなる、よく眠れる、肌が潤ってくるなどの症状で判断します。

 

よく、ヨーグルトを食べると、お腹が張ったりする場合がありますが、それは、腸の環境が変わったサインです。そこで、「これは何かおかしい」と、思って止めてしまうとダメなのです。
普通は、3日〜4日でお腹の張りは治まります。それでもお腹の張りが続く場合は、合わないということになります。

 

水分補給はしっかりと!

 

水分補給

 

腸は、脳からの指令ではなく、自らの判断で動いています。食べ物の栄養分を吸収し、不溶成分は便として排出するのが腸の仕事です。
腸は、動いていないと栄養を吸収することができません。腸を活発にするためには、水分補給も大切です。コーヒーや紅茶など、カフェインが入った飲み物や、糖分が入っているジュースでは、水分補給とは言えません。
何故なら、カフェインは利尿作用があるので、飲んだら飲んだ以上の水分が排出されるからです。それから、ジュースは糖分が多く含まれているので、便秘を引き起こしやすくします。

 

水分を摂取する場合は、水かカフェインの入っていないお茶がおすすめです。
1日に飲む水分は、1.5L〜2Lとなります。

 

もし、1日に飲んでいる水分が1?以下だと、腸内の水分が不足して便秘になりやすくなります。また、体内の水分が不足していたり、新鮮でないと血流やリンパの流れが悪くなって、毒素が溜まりやすくなります。そうなると、便秘になってしまうのです。

 

便秘は、放置しておくと免疫力の低下や大腸がんなどを引き起こすことになります。外見だけでは、誰も便秘だとは分からないからといって、便秘改善を怠っていると、美容だけでなく健康にも悪影響となります。

 

少しでも便秘の原因になるような習慣をしている人は、腸に良い習慣をするようにしましょう。

 

ルイボスティーが体に良い理由

 

ルイボスティーが体に良い理由

 

ルイボスティーが飲まれている理由の一つにSODがあります。私たちの体にもある成分ですが、年をとると数は減ってしまいます。SODは細胞のダメージを防いでくれたり、既にダメージを負った細胞を修復したりします。そして体にとって増えすぎると良くない働きをしてしまう活性酸素を分解するというありがたい成分で、ルイボスティーにはSODが豊富に含まれています。

 

ミネラルが豊富!

ルイボスティーには豊富なミネラルが含まれています。鉄分、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガン、セレンとそれぞれ豊富に含まれているのでミネラル不足を改善する事も出来ます。

 

カフェインが駄目な人でも飲めるお茶

ルイボスティーはカフェインが検出されないお茶です。カフェインが駄目な赤ちゃんや妊婦さんでも安心して飲む事が出来るお茶としても知られています。

 

ルイボスティーを飲むときのポイント

ルイボスティーを淹れる時にはしっかりと煮出して下さい。豊富な抗酸化成分を摂取する為にも最低でも10分は煮出してそのまま茶葉は取り出さないで冷ますようにすると抗酸化成分をたくさん抽出できます。毎日飲み続けることである程度の効果が出てくるといわれていますのでまずは続けてみましょう。

 

ルイボスティー妊活セット

 

体に良いルイボスティーを飲むことによって期待できる効果!

便秘の改善や美肌効果、不妊、不眠などの改善、二日酔い対策、アンチエイジング、アレルギーの改善と、人によって効果の出方は違いがありますが様々な効果があるといわれています。

 

便秘の改善

ルイボスティーを飲むようになってから悩んでいた便秘が改善されたという意見が多くあります。ルイボスティーはミネラル成分が多いのですが、その中のマグネシウムが腸の中の水分を増やしてくれる働きをします。結果として便を柔らかくするので便通は良くなります。また、腸内の働きも良くなるので腸内環境が良くなっていくのです。→ルイボスティーで便秘の改善

 

生殖機能を強くする

含まれている成分の中では亜鉛も多く入っています。精子や卵子を作るのに必要な成分でもあるのです。他にもカリウムやマンガンも豊富でこれらの成分が精子や卵子の生殖機能を上げるのに効果がありますので任活をしている方にもおすすめです。女性、男性共に効果がありますので是非、家族ぐるみで飲むようにして下さい。→ルイボスティーで妊活

 

肌にも良い

ルイボスティーを飲むようになってから肌の調子が良くなってきたという意見も多いです。これはルイボスティーには抗酸化作用があるためで、肌にとって大敵の活性酸素に対応してくれる為です。シミやシワといった肌の老化などを防いでくれる事も期待できます。→ルイボスティーでアンチエイジング

 

病気、アレルギー対策に!

ルイボスティーの抗酸化作用は肌に良いだけではありません。活性酸素というのは体の中に適度にあるのは問題無いのですが、増えてしまうと細胞が傷ついてしまいます。細胞が傷ついたりすることによって体の免疫力がだんだんと落ちてしまう心配があります。これが原因でがんや糖尿病といった様々な病気にもなりやすくなってしまうのです。そこで抗酸化作用があるルイボスティーを飲むことでSOD様酵素が活性酸素を活発化させないように抑えてくれるので病気の予防などにもつながっていきます。また、個人差はありますが、アトピーや花粉症などのアレルギー症状などが緩和されたという人もいるようです。→ルイボスティーでアレルギー対策

 

肌や体調面のサポートとして

私たちの体にとって良いサポートをしてくれるルイボスティーは飲んでいくとと体調面の変化に気がつくことが多いです。お茶として飲むという方法だから簡単ですよね。まずは続けて飲んでみましょう。

 

↓今おすすめのルイボスティーランキングだよ↓

おすすめルイボスティーランキング

ルイボスティー体験談

肌の調子が良くなるルイボスティー

年齢・性別 飲み続けた期間
32歳 女性 1年
商品名
Tea Life ルイボスティー
ルイボスティーを飲み始めた理由
便秘解消と美容のため

ティーライフさんのお茶は本当に色々な種類があって色々と試してきました。その中でもお気に入りで今でも継続しているのがルイボスティーです。ルイボスティーは南アフリカにあるルイボスという植物の葉っぱを使っているお茶なのですが、紅茶に似た味わいと香りですっきりと飲みやすいので食事の時でも飲むことができます。

 

カフェインがゼロなのも嬉しい点です。ルイボスティーを飲もうと思ったのは、便秘解消に良いと聞いたからです。ビタミン類も豊富なお茶なので美肌効果も期待して注文しました。体の中をきれいにしてくれる作用もあるということでしたので、老化防止にも良さそうだなと思いました。

 

ティーライフさんのルイボスティーの特徴は、厳選された茶葉を使用しているということと、品質管理も徹底しているので安心・安全という点です。そして価格が安いのも嬉しいです。他のルイボスティーよりも低価格なので継続しやすいです。

 

でも味も香りもしっかりしたお茶なので他のお茶に負けていません。ティーポット用なので1回にできる量がちょっと多くなってしまうのですが、冷蔵庫に入れておけばあまり味に変化もないので朝作ったものを夜に飲むこともあります。
ホットでもアイスでもおいしく飲めるので、季節関係なく飲めるのが良いです。自分の好みで濃さを調整できるのも良いです。濃い目にすると赤い色になってすごくきれいです。

 

ルイボスティーの便秘解消

濃い目にすることで便秘解消にかなり効果がありました。煮出さなくてもきちんとお茶になるのが有難いです。忙しい時でもすぐに作れます。薄めだとお通じにはあまり効果がなかったので、お通じが気になっているときは濃い目にして飲んでいます。お通じが良くなることで肌荒れも解消されましたし、ビタミンやミネラルが入っているお茶なので、ビタミンやミネラルのサプリメントを飲まなくても、このお茶だけで大丈夫でした。
体の中をきれいにしてくれるお茶だと思います。ティーライフさんでは色々なお茶を販売しているので、いくつか組み合わせて日替わりで飲むのも良いと思います。そうすれば飽きたりしないし、気分で選べるしもっと飲むのが楽しくなります。ルイボスティーは比較的どんな料理でも合うので、本当に飲みやすいと思います。美容サプリを飲むよりも、毎日ルイボスティーを飲むほうが自然の成分で安心ですし、余計なものを体にいれないできれいになれるので美容と健康に本当に良いお茶だと感じています。

 

→私のおすすめはティーライフのルイボスティー

ルイボスティーでゆる〜くダイエット

ルイボスティーでダイエット

 

飲むだけで脂肪燃焼効果がアップするとか、飲むと便秘を解消できるとか、色々なお茶がありますが、興味はあってもなかなか試すまでの一歩が遠いものです。
お茶は、薬ではないので即効性はありませんから、飲んだだけで簡単に痩せることはないです。痩せるお茶だけに頼っても、代謝をアップさせるための筋肉量を増やさないと、折角やせてリバウンドしてしまう恐れがあります。
運動や、バランスの取れた食事ををしながらダイエットする時のお供にダイエット効果のあるお茶を飲むのはとても良い飲み方だと思います。
ノンカフェインで安心して飲めるルイボスティーのダイエット効果についてご案内しますので参考にしてみて下さい。

 

ルイボスティーの凄い効果「高い安全性と豊富な栄養」

 

妊婦さんでも安心なルイボスティー

 

ルイボスティーには、ミネラルなど豊富な栄養が含まれています。元々は、ノンカフェインティーなので、妊婦さんや授乳中の女性の間で評判のお茶でした。
それでは、ルイボスティーに、どのようなダイエット効果があるのかご説明します。
ルイボスティーには、スーパー・オキシド・ディスムターゼという酵素が沢山含まれています。この酵素は、免疫力アップ、活性酸素除去などの効果があります。
そのため、細胞の若返りが活性化されて、代謝の良い体になっていくのです。それから、ルイボスティーには、腸の働きを活性化させるマグネシウムが含まれているので、便秘解消と腸内環境の改善にも最低です。ミネラル分が多く含まれているので、利尿作用が高く、むくみを改善することもできます。

 

脂肪燃焼効果と共に、体温が上がるので冷え性も改善することができます。また、ルイボスティーには亜鉛も含まれていますので、ホルモンバランスを整える効果もあります。

 

ホルモンバランスが整うことで、代謝が高くなり痩せやすくなる

 

ダイエットしたい時はどうやってルイボスティーを飲むの?

 

ルイボスティー飲み方

 

ルイボスティーは、10分〜30分かけてしっかり煮出して、有効成分を抽出させることがポイントです。
それから、見出しで飲む場合は、ティーパックは取り出さずに、入れっぱなしにしておいた方が、フラボノイドを沢山抽出させることができます。
ノンカフェインなので、煮出し過ぎても渋みのない飲みやすいのが特徴です。
毎日、ポットに作り置きしておけば、家族で水分補給にゴクゴク飲むことができます。
夜、寝る前に飲むと、ルイボスティーに含まれるカルシウムの効果で、気分を落ち着かせてぐっすり眠れるようになります。
また、運動の前後にルイボスティーを飲んでおくと、筋肉の維持や疲労回復効果を得ることができます。

 

→ルイボスティーの効果的なの飲み方

 

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ