ルイボスティーの1日の摂取量はこれくらい!

ルイボスティーの摂取量

 

一日にどれくらいルイボスティーを飲めば健康に良い効果をもたらしてくれるのか気になっていませんか?そして、一回でどれくらいの量を飲めばよいのでしょうか?

 

ルイボスティーを飲む回数は一日のうち、2回か3回

ルイボスティーはあくまでもお茶であり、病院で処方されるような薬ではありませんので、決まった時間や回数なんてものは存在しません。普段あなたが飲まれている緑茶とウーロン茶、紅茶などと同じような感覚でお飲みいただければそれで構いません。飲みたいときに積極的に摂取してください。

 

とはいっても、極めて短時間のうちにガブガブと飲んでもあまり効果はありません。毎日少しずつでも継続して飲む方がルイボスティーを飲むことで得られる効果をより実感しやすくなります。

 

その時に一日のうち、大体2,3回飲めれば良いと言われています。なので、「これから毎日ルイボスティーを欠かさず飲むぞ!」と肩ひじを張らず、普段あなたが水や緑茶、ウーロン茶などを飲む感覚で続けていただければそれで結構なのです。つまり、あまりそういうのを意識せずとも気が付いたらいつの間にか飲んでいた、というくらいが一番理想と言えます。

 

飲むことを重視するより、どうやって煮出すかが非常に重要

実はいかにたくさんのルイボスティーを飲むかどうかより、どう煮出していくかが重要だと言われる声の方が圧倒的に多いのです。では、その煮出し方の手順についてお話します。

 

夜間の中に水をある程度の量を入れ、それからルイボスティーのティーバッグを水の中にすべて浸るようにして入れたら、夜間を火にかけて沸騰するまで待ちます。

 

沸騰しても10分くらいは煮だしを続けてください。時間に余裕があるのでしたら、20分くらい煮出してもかまいません。水が少なくなったのであれば、新たに水を継ぎ足して薄めるのも問題ありません。あなたのお好みの濃さに合わせて適宜調整をしてみてください。

 

ルイボスティーに含まれているフラボノイドという成分をしっかり抽出して体に取り入れるためにも、絶対に10分から20分くらいの時間を確保しておいてください。

 

火を止めたらそのまま冷めるまで放置しておいてください。冷却している間にもティーバッグはそのまま入れたままで大丈夫です。これによって、煮出しの効果をより大きくすることができます。

 

これはただ単に冷やすために放置をすればいいだけですので、特に何も難しいことなんか必要ありません。しかし、血液の流れを良くしたり便秘の解消もしたいと考えているのでしたら、やはり温かいうちに飲んでおきましょう。

 

ただし、皮膚炎を患っている人は水分の摂取量に注意

特にアトピー性皮膚炎と診断されている人は、おそらくかかりつけの医師から水分の摂取について制限がされているかもしれませんので、その指示に従ってルイボスティーを摂取するようにしてください。

 

成人であれば食事から摂取する水分とは別に1Lから1.5Lの水分を補給する必要がありますので、そこでルイボスティーを飲むように心がけていただければと思います。

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ