悪玉コレステロール対策にもルイボスティーはおすすめ

憎きコレステロールにもルイボスティー

 

免疫や組織を成すという意味でとても大切な働きをしているのが細胞膜ですが、この細胞膜を作り出すために必要とされているのが、コレステロールです。そのため、コレステロールは、人間が生活していくためには必要不可欠なものであり、脂質の一種として知られています。

 

それにも関わらず、人間ドックやメディア等で取り上げられているダイエットの企画等においてはこれが悪者扱いされることが多いです。

 

ただ、コレステロールにも沢山の働きがあるのも事実で、細胞を守る役割を果たしている細胞膜を作る際やビタミンDが作られる際、或いは、心と体が健康で居続けるために必要な副腎皮質ホルモン、脂肪消化をサポートする胆汁酸を作る際にも用いられています。

 

コレステロールってどう体に悪いの?

私達の体の中に存在するコレステロールは、食物から得られたものや肝臓で作られたものですが、一般の人が1日に摂取すべきコレステロールは、1000mg〜1500mgだと言われています。それを考えると、なぜ、コレステロールがそこまで嫌われるのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

まず、コレステロールと一口に言っても、HDLコレステロールとLDHコレステロールの2つのタイプが存在し、通称、善玉コレステロール、悪玉コレステロールとも呼ばれ、後者のコレステロールには、人の体の中で必要な量のコレステロールを血流によって必要とされている場所へ運び出すという役割があります。

 

ところが、過剰にコレステロールを運び出してしまうと、活性酸素の働きによって悪玉コレステロールが錆びてしまい、変形悪玉コレステロールへと変わってしまうのです。そして、変形悪玉コレステロールの場合は、単核細胞の中でも大きいとされているマクロファージによって、不必要なものとして吸収されます。

 

血管の内側部分の壁にそれを吸収したマクロファージが蓄積されると、血管の内側が少しずつ狭められ、動脈硬化が悪くなる要因ともなるのです。さらにそれによって、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症等のような生命に関わる病気に発展することもあるのです。

 

動脈硬化とならないようにするには、活性酸素が働くことで悪玉コレステロールが錆びるのを防止しなければなりません。

 

悪玉コレステロール対策にルイボスティー

そこで、有効な手段となってくるのがルイボスティーの摂取であり、これには酸化を防ぐ成分が含まれていますので、活性酸素を除去することができ、最終的には、コレステロールの数値が下がることを期待できるのです。

 

実際、ルイボスティーに入っているポリフェノール中には、ケルセチンという、成分を含んでいるわけですが、ケルセチンの場合は、酸化を防ぐという点では非常に優秀な役割を果たしていますので、体の中の活性酸素を取り除き、悪玉コレステロールが錆びるのを防ぐことが可能となっています。

 

その他のケルセチンの働きとしては、ストレスやコラーゲンの生成に関わるビタミンCをより多く吸収するといった働きや花粉症等のアレルギーにも効果があるのです。このアレルギーについてもう少し見ていくと、そもそもアレルギーの要因となっているのは、ヒスタミンであり、ルイボスティーに含まれるケルセチンにはそれを抑制する作用があるとされています。

 

そのため、アトピー性の皮膚炎、アレルギー性の鼻炎といったアレルギーが原因となっている様々な症状が良くなったという方も沢山いらっしゃるのです。(ルイボスティーでアトピー対策

 

また、同じくルイボスティーの中に入っているケルセチンと関係の深いフラボノイドと呼ばれるものは、私達の腸の働きを改善する作用があります。(ルイボスティーで便秘対策

 

したがって、ルイボスティーの場合はコレステロールの値を適正にするといったことのみならず、人間の体の中の環境を良好に保つ作用もあると言えるでしょう。ルイボスティーはそれぐらい優秀なお茶なのです。

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ