ルイボスティーは花粉症対策としても注目

花粉症対策にルイボスティー

 

アレルギーは、免疫反応が過剰に起こることによって発症します。アレルゲンが体内に侵入してきた時に、免疫グロブリンのIgEが産生されて、キラーT細胞と共に抗原を退治します。IgEは、レアギンとも呼ばれます。体内で余ったIgEは、組織の肥満細胞や、血液中の好塩基球に結合します。

 

次に、抗原が体内に侵入してくると、抗原はIgEと結合して、肥満細胞や好塩基球が活性化されて、ヒスタミンが放出されるのです。これによって、鼻水、くしゃみ、涙などのアレルギー症状が起こります。このアレルギー反応は、15分から30分程度起こるので、即時型アレルギーと呼ばれています。

 

花粉症になる原因にはにはいくつか説があります

大気汚染

新幹線が開通したことで、周辺住民の花粉症率が上昇したと言われています。

 

体温低下

昔は、平均体温が36.8度ありましたが、現代は36.2度くらいまで体温が下がっています。

 

生活習慣の悪化

添加物の多い食事、運動不足、喫煙、睡眠不足など

 

花粉のせいでアレルギー症状が起きていると考えている人が多いですが、実は、生活環境や、習慣などによって自分で原因を引き起こしていることもあるようです。

 

ルイボスティーがなぜ花粉症対策におすすめなのか?

花粉症などのアレルギー症状におすすめなルイボスティー

 

ルイボスティーには、抗ヒスタミン成分であるケルセチンとルテオリンという成分が含まれています。ケルセチンは、抗酸化作用の高いフラボノイドというポリフェノールの一種です。血行改善、活性酸素除去、コレステロール値の低下など多くの健康効果をもたらしてくれます。ケルセチンには、副作用がないため、安心してルイボスティーを飲むことができます。

 

ルテリオンは、フラボノイド系の成分の中で最も強い抗炎症作用を持っています。紫蘇、ニンジン、リンゴの皮などに多く含まれています。ルテインが、ロイコリエンというヒスタミンど同じなようなアレルギー症状を引き起こす物質を阻害して、花粉症の症状を軽減することができます。ルテリオンは、熱に強い成分なので、ルイボスティーをホットで飲んでもルテインをしっかり補給することができます。

 

ルイボスティーは、原産国南アフリカでは、古くから不老長寿のお茶として親しまれてきました。人間の体液とほぼ同じバランスの10種類以上のミネラルが含まれているので、普段の食生活で不足しがしちなミネラルを補うことができます。

 

ミネラルは、皮膚粘膜を強化する働きがあるので、花粉症で鼻の粘膜にダメージを受けている人に飲んで欲しいお茶です。また、ミネラルが、体内で細胞にに働きかけることで、免疫力が高まると言われています。

 

それに、カフェインが含まれていないので、小さなお子さんやお年寄りにも安心して飲むことができます。

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ