ルイボスティーは妊婦でもOK、うれしい効果3つ

新婦さんも安心して飲める

 

美容の為にという事で既に多くの女性が飲んでいるルイボスティーですが、妊婦さんでも安心して飲めるという事をご存知でしょうか?妊娠してしまうと赤ちゃんへの配慮からあまり飲めないという飲み物が多くなります。カフェインが入っていると流産や早産になりやすかったり、低出生体重児のリスクがあるという理由で控えないといけません。コーヒーをはじめ紅茶、緑茶などは控えた方が良い事になります。

 

ハーブティーも中には子宮収縮作用がある事もありますのでなかなか妊娠中に飲める飲み物が無いと悩む事になるのです。そんな中、ルイボスティーはカフェインレスなので妊婦でも飲めるお茶としても利用されています。ルイボスティーを飲むことによって妊婦さんにはどのような効果があるのでしょうか。

 

→男性の妊活にもルイボスティーがおすすめ

 

ルイボスティーとは

マメ科の低木であるアスパラサス・リネアリアリスという植物を原料としたお茶です。
よく見かける緑茶や中国茶などとは原料がまったく異なる種類のお茶で、健康によい飲み物として生産地だけでなく世界中から愛飲されてきました。
その効能から、特に妊娠を希望している女性や妊娠中のママに安心しておすすめできる飲み物として有名なルイボスティー

 

抗酸化作用が妊活や妊娠中に重要な効果

抗酸化作用、美容のキーワードとしてよく耳にしますよね。体内の酸化、つまりサビを解消して体内を若く保つとされる効果のことです。
そう、これこそが妊活の女性にうれしいポイント。赤ちゃんの卵にあたる卵子の老化を防ぎ、良い環境を保ってくれるのです。
サビを防いで、体内から妊娠準備をはじめてみましょう。

 

妊婦さんにはノンカフェインのルイボスティーがおすすめ

妊娠中にはカフェイン摂取はよくない、なんて話、女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
また、最近では特に妊娠などをしていなくとも、睡眠の邪魔をしてしまいがちなカフェインを摂取したくない、という人も増加し、販売店ではデカフェというカフェインの入っていないお茶やコーヒー、またはハーブティーだったり、カフェインの含有量が低い飲料もずいぶんと増えました。
とはいえ、健康によいからとか妊娠したから、とか。カフェインを含むコーヒーや紅茶が好きだった人にしてみたら、これらを急に飲むなというのもツライ話です。
そんなときに変わりとして摂取することをおすすめしたいのがカフェインを含まないお茶・ルイボスティーなのです。

 

妊娠中にカフェインを避ける利点

大人である妊婦さんの身体にはまったく影響のないカフェインですが、体内の赤ちゃんはそうはいきません。
カフェインには利尿作用があります。排尿は大切ですが、過剰に排尿することは体内の栄養素を多く排出してしまうことでもあります。正常な排尿のためにもカフェインを避ける方が良いと言えます。

 

さらに血管収縮作用も。赤ちゃんはへその緒を通じ、お母さんからおくられてくる酸素や栄養をもらって日々がんばって成長しています。血管収縮をしてしまうことは酸素・栄養を送る血流を妨げることにもなりますので、控えた方がよいでしょう。

 

流産や障害のリスクを避けるためにも、カフェインは控えたいところ。各機能が成長途中である胎児にとって、カフェインは分解できない物質ということになります。処理しきれないものは、送らないようにしてあげましょう。

 

とはいえ、カフェインのリスクというのは一日に200mg以上になったときの話。過剰に摂取しなければトラブルになる可能性にはつながらないと言われていますし、偏頭痛を起こしたときにはお薬の代わりに少し飲むのもよいとされています。
なるたけ摂らないことをこころがけ、ときどきは摂取することもいいかもしれませんね。
うまく利用して妊娠生活を乗り越えましょう。

 

まだまだ続く、ルイボスティーの嬉しい効果

ルイボスティーはお茶でありながらもビタミンやミネラルを豊富に含んでいますから、普段から栄養が偏りがちな方の毎日の食事のサポート感覚で飲用するのもおすすめです。
もちろん妊娠中にも。血液が増えて薄まるため貧血などを起こしがちですから、積極的にお飲みいただくとよいでしょう。

 

身体の免疫力を高める

魅力的な成分として挙げられるのが、SOD様酵素です。
SODとはスーパー・オキサイド・ディスムターゼのことで、この酵素が体内の細胞をサビ(酸化)させてしまう原因・活性酸素を排除してくれるのです。
活性酸素を除去することは新陳代謝を活発化させ、細胞の老化を防ぐことに繋がります。
内側から美容にこだわる、そんな人におすすめの効能といえます。
また、細胞の活性化により風邪をひきにくい体づくりにもひと役かってくれるといううれしい効果も。万病のもとといわれる風邪を撃退して健やかな日々を過ごしましょう。

 

便秘の悩みを改善

ルイボスティーを飲むと便通が良くなる事は有名ですが、妊婦さんも同様に便秘の悩みがある人は改善効果があります。薬を使わないので腹痛も起きません、ごく自然に改善できる感じです。ルイボスティーには、腸内の環境を整える効果があるのでかたくなってカチカチになってしまった便をやわらかくし、スムーズなお通じにつなげてくれます。→ルイボスティーで便秘改善

 

花粉症予防や改善効果

有名な現代病として人々を悩ませ続ける花粉症。これにもルイボスティーが有効であるというのだから驚きですよね。
花粉症とはアレルギー反応の一種で、このアレルギー症状の原因となっているのがヒスタミンという成分です。
ルイボスティーはこのヒスタミンの生成を抑え、花粉症を防ぐのです。また、アトピーにも改善がみられるという例もあがっており、人によって効果に違いはあれど、その高い効果は一度試してみたいものです。
また、花粉の時期でも薬に頼れないといった妊婦さんにもおすすめです。

 

カフェインレスで安眠効果も

カフェインが入っていない、という部分でもおやすみ前に安心してお飲みいただける理由としては充分ではあるのですが、実はルイボスティーのすごいところがここにもあったんです。
なんと「リラックス効果」までが備わっているという万能ぶり。たかぶった神経を落ち着かせ、ゆったりとした気分にさせてくれるというもので、寝付きの悪いときにはぜひ取り入れてみたいものです。→カフェインレスのルイボスティー

 

妊娠中に冷え性になった人にも!冷え性の予防効果

妊娠をすることによって普段と違う姿勢になったり、ホルモンバランスの都合で冷え性になってしまうという妊婦さんが多いです。ですがそのまま改善しないと冷えが原因でつわりがつらくなってしまったり、お腹が張ったようなつらい感覚になってしまう事もあります。出産後には母乳の出も悪くなってしまう事もあるのです。ルイボスティーは体の血行が良くなって冷え性の改善にもつながりますので、冷え性の予防、対策で是非、ルイボスティーを飲んでみて下さい。

 

美肌・美髪効果、老化防止も!

ルイボスティーは女性にとってうれしい「抗酸化成分」を豊富に含んでいます。肌あれや肌の老化の原因の一つでもある活性酸素を減らしてくれるありがたい働きをしてくれます。
SOD様酵素が皮膚の細胞を活性化することで、若々しいお肌やツヤツヤの髪へと導きます。美容の悩みにもしっかり応えてくれるルイボスは毎日飲み続けたいですね。
特別なケアなんてできないし美容なんてあきらめたわ、なんて妊娠中や産後のママさんも、忙しさに負けてあきらめることはないんです。栄養分を赤ちゃんにもっていかれてお肌や髪がカサカサに、なんていうことをよく聞きますが、ルイボスティーを継続して摂取することで緩和できるので、お食事と合わせて飲んでみてください。妊娠中でも綺麗でいたいと言うお母さんには必見です。ルイボスティーにはミネラル成分も多く含んでいますのでミネラル成分補給の為にも飲んでみて下さい。

 

自分に合うルイボスティーを見つけてください

ルイボスティーは商品によってクセが気になるもの、ならないものがあり、好みがあるかもしれません。自分にあった風味のルイボスティーを最初は探してみましょう。

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ