妊娠しやすい体を作るために

現在、「妊活」という単語が作られるくらい、妊娠に対する悩みを持つ夫婦は多いとされています。最近では30代になってから結婚する人も増えてきたため、妊娠率がどうしても減ってしまうためであり、そうしたことからストレスを抱えてしまう方も多いのです。妊娠できなくはないのですが、あくまでも確率の問題です。そこでここでは、妊娠をしやすい体を作るためには何が必要なのかをご紹介していきますので、参考になれば幸いです。

 

ストレスは妊娠の最大の敵

 

・ストレスが及ぼす妊娠への影響
妊娠に一番よくないのはストレスです。人体はストレスを感じると血管を収縮させ、血行が悪くなります。血行が悪くなると冷え性が発症し、体全体が冷えてくるため、妊娠するための体づくりとは程遠いものとなってしまいます。妊娠には冷えが大敵ですから、その原因となるストレスを極力、日常生活から減らしていくことが大切になるのです。ストレスは人間のホルモンバランスを司っているため、バランスが崩れると妊娠にも悪い影響を与えてしまいます。

 

・こまめな解消でストレスを減らす
それではどうすればよいのかということですが、やはりストレスを日常的に溜めずに減らすことです。ストレスを溜めない生活をすることを心がけ、妊娠のためだと思って解消していってください。カラオケで大きな声で歌ったり、外を散歩したり、自然と触れ合うのもよいです。ドライブやランニングをしたりスポーツをしたりといったこともよいでしょう。自分にとってストレスとなるものは行わず、子を授かりたいという欲求を持ち、決して強迫観念に囚われないようにしてください。

 

運動を行って体の機能をアップさせること

 

・新陳代謝がもたらす妊娠への影響とは
上記で書いたように、妊娠と運動は密接な関係があります。嫌なことがあったときには一人で考えこまず、外に行って散歩したり運動したりすると、いつの間にか悩みが消えているのと同じように、スポーツは妊娠に大きく関係しています。冷え性の人でも運動をしている人は血行がよいため体が暖かくなります。男性も同様に、勃起不全を防ぐために体の血流を正常に保っておく必要があります。そこでスポーツの出番です。スポーツを行うということは、自分の肉体を鍛えるということにも繋がりますし、セックスのためにも基本的な体力が必要になりますから、男女ともにスポーツをするのはとてもよいことなのです。

 

・おすすめする運動
ズバリ「有酸素運動」です。ヨガ、ウォーキングといった長時間、体を動かすようなものがよいです。
汗ばむぐらい行うとバッチリです。週3回ぐらいのペースを保ち行うと安心です。

 

妊娠に良いとされる成分をしっかり補給

 

おすすめは葉酸、カルシウム、そして鉄の3つ。これらの成分はなぜ妊娠にとってよいのでしょうか?それぞれについて、説明していきたいと思います。

 

葉酸:妊娠初期にたくさん必要なので妊娠前から摂っておく

 

葉酸は、細胞や遺伝子を作る上で欠かせない成分です。赤ちゃんは、お腹の中にいる間に集中して神経が作られる時期があります。それが妊娠初期なので、そのタイミングで多く必要になる成分です。葉酸は日常の食生活でもある程度摂ることはできるのですが、妊娠初期にはそれよりも多くの量が必要となります。

 

サプリメントで効率的に吸収できる

食事によって吸収できる葉酸は、含まれている量の半分程度でしかありません。しかしサプリメントなら吸収率を高めるように作られているので、80%も吸収することができます。サプリメントを利用して、効率よく葉酸を摂取するようにしましょう。

鉄:血が増えることで妊娠しやすい体をつくる

 

鉄には血を作り出すはたらきがあります。貧血といえば、多くの女性が悩まされている問題ですよね。鉄は血に含まれるヘモグロビンを作り出すためには、絶対に欠かせない成分です。そのため、鉄が不足すると血の不足にもつながってしまうわけです。血が不足するとことで気をつけなければいけないのが、動悸、めまい、そして体のだるさなどです。これらは、すべて血液不足が原因で起こりうる症状です。血が少なくなると、全身の血の巡りも悪くなってしまいます。すると体温の低下につながり、妊娠にとっても状態の悪い体になってしまうのです。さらに、妊娠した後も血液によって赤ちゃんに栄養を送り届けなければいけないので、その発育のためにも重要な成分です。そのため、妊娠しているときにはいつもより多くの鉄分を摂らなければいけなのですが、特に必要となるのは妊娠後期なので、そこでうまくサプリメントを利用するようにしましょう。

カルシウム:お母さんの体を守るためにも必要な成分

 

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を作るために必要な成分です。たくさん摂っておかないと、お腹の中の赤ちゃんだけではなく、お母さんの体にも問題が出てくるかもしれません。というのも、赤ちゃんはお腹の中にいる間は、足りないカルシウムをお母さんの骨や歯から補うこともあるのです。つまり、お母さん自身のカルシウム不足を防ぐためにも、たくさん摂らないといけないわけです。妊娠しやすい体をつくるためにも、重要な成分のひとつになります。

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ