妊娠のタイミングや確率を知って妊活に役立てよう

妊娠確率をアップさせるには、どうしたらいいのでしょうか?ここでは、そのヒントとなる情報を紹介しています。参考にしていただけましたら幸いです。

 

タイミングは大切。でも、意識しすぎはよくないかも…?

妊娠には、タイミングが重要です。妊娠確率が高い日は「排卵の2〜4日前」と言われています。ですから、そのタイミングに合わせてセックスをするのが妊娠には効果的です。ただし同時に、以下のような統計もあります。セックス回数と妊娠確立を比較したものです。

 

週に1回 1日おき 毎日
およそ15% およそ33% およそ37%

 

これを見てわかることは、“セックス回数が多いほど妊娠確立が高い”ということ。タイミングはもちろん大切ですが、やはり「そもそもセックス回数が少ないと妊娠の確立も低い」ということが言えるようです。また、ストレスも妊娠確立を下げてしまう要因となります。ですから、タイミングなどを“気にしすぎる”のは考えもの。自然体で仲良くする、というのが妊娠確立をあげる秘訣かもしれません。

 

子づくりに適しているのは10・11月!?

子づくりにおすすめなのは10・11月とされています。というのも、この時期は、統計的に流産の割合が低いためです。流産の確立は、平均およそ15%。しかし、“10・11月は7%程度”と、他の月と比べてリスクがグッと低いのです。その理由はよくわかっていませんが、10・11月に妊娠すると流産率が低いというのはデータを見ると明らかなこと。
妊娠計画中の方は、秋の妊娠を目指してみると良いかもしれませんね。

 

女性だけが頑張っても限界が!男性も、しっかり妊活に励むべき

妊娠できない原因は、男性のせいかもしれません。不妊は女性の問題とは限りません。男性に問題がある場合も少なくないのです。実際、不妊に悩むカップルのおよそ半数は、男性・または男女両方に問題があるとのこと。近年は、こうした「男性不妊症(妊娠できない原因が男性に認められる)」の認知・研究も進んできています。
なお、男性側のトラブルには、ストレスや体調不良・生活習慣などにより(一時的に)生殖能力が低下している場合のほか、「精子欠乏症」「無精子症」など障害がある場合が存在するようです。

 

妊娠は、男女2人の状態が整わないとできません

女性はもちろん、妊娠を計画しているのであれば、男性も食生活や生活習慣を見直すべき!また、それでもなかなか妊娠できないという場合は(何らかの機能障害の恐れがあるため)、クリニックなどで検査をし、必要に応じて治療を受けましょう。

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ