2つのルイボスティーの効果や特徴をチェック

グリーンとレッドのルイボスティー

 

ルイボスティーは皆さんのイメージにあるのはレッドのものだと思います。ただ商品の中にはグリーンルイボスティーと呼ばれるものもあり、こちらも人気があります。通常の赤いルイボスティーとどう違うのでしょうか。

 

レッドルイボスティーは通常のルイボスティー

通常ルイボスティーは2月から3月にかけて苗床に種を植えられて、6月から遅くて8月くらいに10から20センチまで成長したものを農園へ植えられます。ルイボスの木はそこから二年かけて50センチから150センチまで成長して、その葉を刈り取られます。細かく一定の細かさに裁断されて、一定の温度、30度から35度と比較的高温の環境下で8時間くらいかけて発酵されていきます。
このまま発酵作業がなされると通常のルイボスティーになりますが、グリーンルイボスティーの場合はこの発酵がなくて乾燥させてすぐに焙煎することになります。
発酵させたらルイボスの葉は緑色から鮮やかな赤色に変わっていきます。そこから天日干しをして乾燥させ、さらに4分間120度にもなる蒸気で葉を低温殺菌して熱風乾燥することでルイボスティーのもととなる茶葉ができてきます。

 

抗酸化効果10倍で美容効果も特筆もののグリーンルイボスティー

グリーンルイボスティーは2003年から製造されるようになったとされています。日本の緑茶と同様にルイボスティーも発酵させずに作ることが発案され、製造地での研究の上で低音で乾燥させることによる緑の茶葉のままのルイボスティーを作る製法が確立されたのです。

 

緑茶と同様にグリーンルイボスティーは赤い普通のものと比べると、味がさっぱりとしたまろやかなものでしつこくありません。淡い色合いが特徴となっており、癖のない味が飲みやすさを形成してくれています。

 

グリーンルイボスティーは通常のルイボスティーと比較すると栄養成分も豊富です。オリエンチンなどのフラボノイドが通常の10倍程度含まれていると言われており、抗酸化作用が非常に高いといえます。 ただ上述したような特殊な製法を取るゆえに生産量が非常に少量で貴重なものであると言われています。

 

他にも栄養素の面では普通のルイボスティーよりグリーンルイボスティーは優れています。抗アレルギー作用があることで有名なケルセチンが特に豊富に含まれています。美容効果が期待できるアルファハイドロキシン酸やミネラル類といったものも通常のルイボスティーより遥かに多く含有されています。
こうした理由から通常のルイボスティーを飲むよりもより健康や美容に気を使われている方にこそグリーンルイボスティーは支持されることとなっています。

 

グリーンルイボスティーはどこで購入できるのか?

次にグリーンルイボスティーを取り扱っているお店について紹介していきたいと思います。
ナチュラルブランドである「AMOMA(アモーマ)」は茶葉の原産国や製造地がはっきりと表示されているので安心です。また有機JAS認証も取得されていますので、安心感が全く違いますよね。

 

→子供にも安心のamomaグリーンルイボスティー

 

長野県軽井沢の「RTROOM〜Rooibos Tea Shop〜」というところでもグリーンルイボスティーを取り扱っています。こちらも同じく有機JAS認定を受けており、茶葉も最高級のオーガニックルイボス茶葉が使われています。これも安心感を保証してくれるものですよね。製造工程は全て日本国内、衛生管理は段違いに徹底されていることが想像できます。
さらに嬉しいことは通信販売で購入できるということです。わざわざ遠く長野県軽井沢までいかなくても入手できるというのは手軽でありがたいことです。

 

→RTROOMならレッドとグリーンのお試しセットがおすすめ

 

通常のルイボスティーより豊富に栄養素を含んでいるグリーンルイボスティーは健康や美容に気を使われている方にこそオススメできます。さらに独特の癖も少なくて飲みやすいというのも利点ですね。お値段がややはることを除いては非常にいい健康飲料になると思います。

おすすめルイボスティーランキング

カフェインゼロ!ルイボスティー「お試しセット」
アールティーアールティー
価格 容量 送料
\1,480〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


ルイボスティーで潤いチャージ
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\970〜 3週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ


3種類のルイボスティーが選べるお試し
ティーライフルイボスティーアールティー
価格 容量 送料
\1.820〜 4週間分 お試し無料

ルイボスティー詳細へ